So-net無料ブログ作成
SMAP ブログトップ

SMAP IN 北京!~8割の人はウザいと必ず思うので読まなくていいっす(笑) [SMAP]

昆明のホテルを7時に出発し、北京には12時に着いた。

荷物が出てくるのが遅くて、なんとなく急ぎ足でスタジアム近くのホテルへ向かった。
が、上海と違い、○○○路XX号 ではすぐに見つからないことが多い北方住所。
日本と似ている。

めっちゃ地下鉄の駅から歩き回って、道に迷い、途中、スタジアムからの
「ダイナマイト」のリハ音がきこえてきて、スタジアムの位置を確認。

チェックイン後、観光に行こうかとおもっていたが、
結局抑えられず、スタジアムの入り口確認と称してリハーサルの音漏れを
聞きにいった。


次から次へとフルコーラス歌うことなく、どんどん曲目が変わっていく。

ものすごく焦って次から次へとリハを行ってるのが
外にいても良くわかる。


何故か木村君とゴロちゃんの声だけものすごく聞こえる。
特に木村君の声はすごいきこえてたなあ。


夕方、ホテルの隣のレストランにてタンタン麺をたべ[ビール]をひっかけ、

P9161054.jpg

いざ、出発。

P9161052.jpg

グッズ売り場が日本のアレと違って、
日本で言うと、CD、DVDの売り場クラス。
並んでないのよ。全然。
日本のグッズも一切売ってないしね。


買い物してるのも半分以上、日本からの日本人。

うちわ型ペンライトは早々に売り切れ、
(持ってる人ほとんど見てないけど・・・・)
結局持ってるCDにお箸がセットになってる限定セットを購入。

P9171071.jpg

こんなお箸。
これ、金属でめっちゃ使いにくいねん・・・・

P9171070.jpg

ま、ええか。

そしていよいよ中へ。

当初はスタンド後方上段だったんですが・・・

P9161057.jpg

天使にめぐり合い、

P9161058.jpg

地上に降りれました。


感謝感謝。



この国はライブ中に写真とってもビデオとってもOK。
ずーーーーーーーーーーーっとハンディカム撮ってる娘いたなあ。

ライブの席にはこんなお土産つき。
簡易のパンフレットもらえるのよ。

P9161068.jpg


少し遅れての開始。

もっと招待の役人が多いかとおもいきや、
ワタシの周りは熱狂的な中国人が中心。
一部、日本人や香港人。

言語がわかってしまう分、後ろの日本人うるさかった・・・・
ずーっとしゃべってんだもん。
つまんないこと。

中国人は普段ずーーーっとしゃべってるが、ライブ中は熱狂してしゃべらない。
ほんとうに熱狂して、上手に日本名でメンバーに声援を送っている。
映画終わったら拍手するのが良くわかる。
目の前のことにちゃんと熱中してんだわ。このひとたち。
初めての生スマだしね♪

OPENING ~ 基本 We are のライブと同じ運び。
でも2時間20分くらいに収められてるので
曲はすべてショートカット。画像も一切無しか、ショートカット。
5人以外で歌うソロや2人や3人の歌もカット。

5人での好きな曲もカットされてて残念だったなー。



木村君がもっときゃーーー!!!!って感じかとおもったけれど、
意外と中居さんがきゃーーーーと言われていて、「何で知ってるの?!」
と驚いた。

しかも、木村君以外に騒ぐファンは、BIRD MAN や 超無限大・翔なんかのすっごい古い
ペンライトやうちわを持っている。

お金持ちだから日本のタレントに憧れ、10年以上前に厳しいVISA規制を縫って
日本に来てたのね・・・すごいっす。


1年ぶりの生スマにテンションあがってるとこに、
BANバカの途中でリン・チーリン登場!

いやあ、オーラ全開!華のあること!
まじで華々しかった。結構ダンスもできるのね。彼女。
SMAPに全く引けを取らない。8頭身でものすっごい  大きかった・・・・
慎ちゃんと並んだらかわんなかったわ。

細いのにスタイル抜群。

キレイ!儲けましたわ。生の林志玲!BANバカ一曲参加して
華々しく帰っていきました[黒ハート]

そうそう、BANバカのサンバ隊はさすがに破廉恥なのか、連れてきてもらってませんでした(笑)
中国風の衣装のダンサーになってました。
つまんなそうでしたわ。


最初の挨拶で、皆中国語で叫んでくれましたが
木村君だけ発音きれいだったなあ・・・

あとはひどかった・・・

ワタシもきっとこんなんだわ・・・・・となんだかへこみました。


コンサート中盤で、驚いたのが
急に司会者みたいなおっちゃんが出てきて
いきなりメンバー紹介・・・っていうか、
この人の番組に呼ばれたようにステージ上でメンバー紹介とコメントの時間があったこと・・・

メンバー紹介というのはよくあるライブのあれとはちがう、
一列に年の順に整列させられ

「え~、一人目がリーダーの中居正広さん、二人目がーみなさんご存知木村拓哉さん、三人目が稲垣吾郎さんで~」

「では、リーダーの中居さん、」

ってな感じ。

続いて一人づつ質疑応答パターンで、この司会者ものすごいスピードで話すので彼等はチンプンカンプン。
通訳の人も大変だが、アップで抜かれてるメンバーもどんな顔していいやら困ってました。

でも、国交にかかわるような発言は用意されたものを
一言一句違わぬようにしっかり発言していました。

日中国交がかかってるんだなーと実感。


この悪夢のような時間にまたもやつよちゃんが悪夢のような言動。
さすがです。

スマスマの万里の長城の慎吾との二人三脚で友情が深まったというコメントをだし、
慎ちゃんのほっぺにチューしてました・・・

焦る年長者2名・・・・・

ま、いいですね。自由で。


ライブ自体はものすごい速度でとんとん順調に進んでいったけど
木村君が珍しく声の調子が悪くて、
最後、声ひっくり返ってました。

珍しいねー。


世界にひとつだけの花 と夜空ノムコウを中国語で披露。
あと中国の歌も一曲。

みなちゃんと歌ってたよー。すごいすごい。
木村氏がやっぱ発音ダントツきれいだと思いました。

1年以上勉強してる私よりずっとずっとキレイ。さすがだわ。


セットは、かなり簡易化されてて、トロッコももちろんなかったですが
映像はきれいだったです。


日本のWe are ライブになかったのは
not alone と、震災の映像と、中国への感謝の言葉のコーナー。

あとは、日本の歌番組を編集したショート画像。




しかし、ステージ前にワンブロ入るくらいの空間・・・・

結構前方でみた私でさえ、
「遠い!!!!」
ギリ肉眼。


次回は是非上海でやってほしいですが
あの遠さはなんとか改善していただきたい。

とにかく無事終わってよかったです。

足ぱんぱん。

SMAPさん、本当にお疲れ様でした。






















SMAP ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。